« 講道館通信@12月号 | トップページ | 動画機能停止中 »

2007年12月 1日 (土)

代表戦 (前編)

『代表戦』について、今回は語ろうと思います。

一応「代表戦」について説明します。

団体戦での対戦成績が全くの同点の場合、
両チームで代表を1人選出し、個人戦と同じように
必ず優劣を決し、チームの勝敗を決します。

チームの命運を握った大事な勝負ですから、
両チームともにポイゲが登場します。
心身共に、非常に厳しいことは間違いありません。
プレッシャーに弱い選手には向かない場面ですね。

で、その代表戦。
僕はコレまで、出たことがありません(泣)

唯一、代表戦に近い場面に遭遇したことがあります。
高校2年の時、僕たちは春の全国高校選手権に出場しました。

初戦は名張高校(三重)でした。
何度も練習試合をしている名張高校、実は楽勝だと思っていました。
しかし。。。。

その年、その日は波乱の一日でした。
①地下鉄サリン事件発生
②徳原監督、1年間の資格停止処分

サリン事件は言わずもがな、大変な事件でした。
ほぼ同じ時刻、開会式に代役を出席させた足立学園は、それがバレ、
監督が1年間の謹慎を言い渡されました。
監督不在の全国大会。
チームは一応、キャプテンの僕がリーダーシップをとりました。

僕らの予想では、名張高校には3人残しくらいで勝てると思っていました。
しかし、引き分け、引き分けの連続。。。。
結局、勝敗は大将同士の決戦に委ねられました。

そして大将は僕でした。

この時、ネガティブな選手だったらビビってしまうと思います。僕は。。。
「副将も引き分けろ!俺に回せ!大将決戦で俺が決める!」

日本武道館での全国大会、その初戦、チームの勝敗が全て僕にかかってる。
こんな美味しい場面はそう滅多にありません。
やる気満々の僕は、この美味しい場面で一本勝ちし、
思い切り目立とうと思っていました。

結果は引き分け。。。。代表戦へ。。。
力不足でした。。。。
0003

代表戦は結局、足立学園のポイゲ田崎元久が登場。
優勢勝ちで2回戦へコマを進めました。
(結果的には2回戦、九州学院に1人残しで敗退)

代表戦には出たい。でも実力が足りない。
そんなわけで、代表戦は未経験なんです。

だから逆に、代表戦に選んでもらえるってことは、
勝負を託してもらえる、信用してもらえる。
それだけ光栄なことなんです。→ノブ!お前のことだ!

そして、僕にとっては思い出深い代表戦が2試合あります。
続きは後編で。

|

« 講道館通信@12月号 | トップページ | 動画機能停止中 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

小室先生へ

こんばんは!鷹丸です。

僕も、代表戦で出たことがあるので、分かりますが、
「すごく緊張しました・・・。」

先生は、代表戦にでたときにどう思いますか?

あと、今日は足払い教えてくれて、
ありがとうございます!

絶対にものにします!!!

鷹丸

投稿: 鷹丸 | 2007年12月 1日 (土) 22時47分

激弱の僕ですが、代表戦は1回だけ経験があります。
その日初めて会った急造メンバーでの都民大会。
3人戦で大将(無差別)を任された僕は大将戦で
一本勝ち。続く代表戦でも十字固めで一本勝ちでした。

なんてことはない平凡な大会でしたが、
チームに貢献できて非常に嬉しかったのを覚えています。

投稿: 寝業研究家 | 2007年12月 2日 (日) 00時01分

思い出深い代表戦とは…、

おそらくアレは入っているでしょうね(笑)。


続編楽しみにしています!

投稿: 原田 | 2007年12月 3日 (月) 12時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/17191885

この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦 (前編):

« 講道館通信@12月号 | トップページ | 動画機能停止中 »