« 代表戦(後編) | トップページ | 変形の肩車と投げっぱなしの内股 »

2007年12月14日 (金)

袖車絞と肩固の複合技

僕が最も得意とするパターンです。

全日本実業団の団体戦(第3部)で、
松前柔道塾と対戦したときの映像です。

相手は立花繁選手、筑波の先輩でした。

相手が背後を見せた後、徹底してくっつき、立たせません。
そのまま袖車絞を狙いつつ、肩固に決めています。

通常とは、逆回転で相手を回しています。

|

« 代表戦(後編) | トップページ | 変形の肩車と投げっぱなしの内股 »

動画」カテゴリの記事

コメント

とっさに逆回転するあたりが妙技ですね。

ところで、この立花選手ですが、
僕が大学1年時の講道館の紅白試合で対戦したことがあります。

左からの谷落としで「有効」を取られ負けました。
力が強かったような印象があります。
懐かしいですね。

投稿: 寝業研究家 | 2007年12月14日 (金) 12時03分

逆回転はかなり有効な手段で、お勧めですよ!

しかしそんな縁があったんですね~
今は宇宙センターに勤務されているそうですよ。

投稿: 5669 | 2007年12月14日 (金) 13時34分

そういえば、理工学部だったような話を聞いたことがあります。

投稿: 寝業研究家 | 2007年12月14日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/17339824

この記事へのトラックバック一覧です: 袖車絞と肩固の複合技:

« 代表戦(後編) | トップページ | 変形の肩車と投げっぱなしの内股 »