« 石下大会(後編) | トップページ | 巴十字 »

2007年11月24日 (土)

小外掛

2003年、静岡国体に出場したときの映像です。
対戦相手は宮崎県の宝 実選手(宮崎刑務所)です。

宝選手とはジュニア強化時代、
1ヶ月海外武者修行(中央アジア4カ国)に一緒に行った仲です。

彼は講道館杯でも度々上位入賞している強豪で、
また色んな意味で豪傑でもあります(笑)

試合開始直後も、猛突進して組み掛かってきましたが、
僕も寝技を中心に応戦しています。

試合を決めた小外掛は強化合宿中、
徳野和彦選手(神奈川県警)のを見て真似たモノです。

ポイントとしては「刈る」という動作は殆どせず、
足首を鎌のようにして引っかけ、押し込むというモノです。
思い切って投げ、決めようとしたので、
その後の寝技の展開に行けませんでした。不覚です。。。

勝敗は別としても、宝君とは友達で、しかも彼は
駆け引きのない、豪快な柔道を仕掛けてきます。
ハードな相手でしたが、試合中、ナチュラルハイになってしまい、
時折笑顔になってしまうほど、激しくも楽しい試合をしてしまいました。

楽しいと感じられる試合って、そうはないと思います。
それだけに、珍しく投技が決まったのかもしれません。

|

« 石下大会(後編) | トップページ | 巴十字 »

動画」カテゴリの記事

試合について」カテゴリの記事

コメント

小室先生

醍醐杯へ行ってきました。

僕たちのBチームはベスト16でした。

目標まで行けなかったのは悔しかったですが

団体戦は、みんなで戦うので楽しかったです。

今日からもっと背負いがかかるように稽古します。

その前に、学校に行ってきます,,,<(`_ ´)

投稿: 鷹丸 | 2007年11月26日 (月) 08時23分

>鷹丸
試合お疲れ様でした。
ベストは尽くせたのかな?
大事なことはベスト16という結果がじゃないよ。

1.これまでどう取り組めたのか。
2.試合の反省を、今後の練習でどう克服していくか。

この2点に集約されると思う。
団体戦ていいよね、先生も団体戦になるとやたら張り切っていました。


>鷹父
先日は非常に楽しい時間を過ごせました。
翌日は自分のニンニク臭で、気持ちが悪くなりましたけど。
あのあと、結構暴れたそうですね(笑)
怪我はないんですか?

あと、僕が言うのも何ですが「天然」て言われません?(笑)

投稿: 小室宏二 | 2007年11月26日 (月) 11時02分

 小室先生こんにちは。
 
 『足技!大事ですよね。』
 今回の醍醐杯で、改めて痛感させられました。
 
 この先、柔道を続けていくにあたって、今回の反省点、
 これからの課題を認識し、ただ稽古をするのではなく
 色々な意味で『考える柔道』が出来るように、意識して進ん でもらいたいです。
 この醍醐杯は本人にとっても、いい経験、勉強になった
 と思います。
 (・・・でもやっぱり小っちゃかった><”)       先生、これからも、厳しくお願いします!

投稿: T似のM | 2007年11月26日 (月) 12時14分

>T激似のママへ
担ぎ技がメインのTは、後ろ方向の足技は必須ですね。(小内刈、大内刈、小外刈)

今度、教えますよ。便利な技ですから。

僕が厳しくするのは『取り組む姿勢』と『礼』に
関してだけです。

試合は勝敗を気にしないで楽しませてあげたいと思います。

試合に負けたぐらいでは怒りませんので!

投稿: 小室宏二 | 2007年11月26日 (月) 14時27分

あれは下がる相手に有効な技ですよね。
僕も下がる相手を足払いで投げるのが得意です。
あと、下がる株価を待って待って底値で買おうとして、上がっちゃって買い損ねるというのも良くありました。ナンノコッチャ・・・

投稿: たかの | 2007年11月26日 (月) 17時50分

昨日の試合、元気で絶好調なSaraならば勝てそうな(相性のいいタイプ・体重の)相手ばかりでしたが、気持ちが朝から抜けていました。これまでの足の骨折、ひざの打撲もまだ充分に治りきっておらず、それでも少しでもいい試合がしたいと、一生懸命に痛みをおして練習しての出場のうれしさも手伝ってか、はたまた、みんなとバスで松本にいけて楽しくて、はしゃぎすぎてつかれたのか、寝不足なのか・・・覇気もない状態でした。
今回はメンバーが学年関係なく体重順に並んでおり、副将まで先輩方が試合を決めてきてくださるだろうと、親としてもうるさく活を入れませんで、本人の自覚に任せて行動させてしまいました。
最終の大将戦、Saraのかけた内股がすっぽ抜けて、崩れてひらめになったところから、相手に腕をねじられ、かえされないように耐えて、待てがかかったのですが、とられた右肩をとても痛がっていました。「試合中に泣くな!最後までしっかり!」とみんなも声援を下さって、なんとか最後まで試合は頑張ったのですが、腕に力がぜんぜん入らず、まったく釣手が利かず、情けないことに引き分けてしまいました。明らかに、全力が出ていませんでした。

今日、足のリハビリもあり、整形外科にいってついでに肩も写真を撮りましたら、腕の付け根の関節を骨折していました。

いつも泣き虫で・・・しょっちゅう泣いてばかりいるから、本当に痛い時がわかりにくいんですよね。

体調や、元気のないときは、怪我をしやすいといいますが、
本当にその通りですね。

しばらくの間、また練習しないでいると、またまた大きくなっちゃうんじゃないかぁ?とそっちも心配な母でした。

投稿: Sara*mama | 2007年11月26日 (月) 19時36分

小室先生へ

こんばんは!鷹丸です。

僕なりに考えています。

整理できたら、また報告します。

鷹丸

投稿: 鷹丸 | 2007年11月26日 (月) 23時15分

>たかの
先輩!勉強になります(笑)

>Sara*mama
そ、そうですね、よく泣くので本当に重傷の時は困りますね。。。
暫くは安静にして身体を休めましょう。無理をしても良いことはないです。
その間、トレーニングをして下半身を鍛えさせますか。
片足でも充分、重心を安定させられるくらいに。
尚かつ「練習したい!」て思わせるくらい、
充電させてあげる方が良いと思いますよ。
太ったら太ったで、寒稽古の時は暖めてもらいましょう(笑)

>鷹丸
そうそう、先生に言われるのではなく
「自分で考える」と言うところが重要なんだな。
整理できたらちょこっと教えてくれ!

投稿: 小室宏二 | 2007年11月26日 (月) 23時54分

小室先生へ

こんばんは!鷹丸です。

先生、自分なりに整理できました。

僕のブログに書きましたので、
見に来てください。

鷹丸

投稿: 鷹丸 | 2007年11月27日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/17089372

この記事へのトラックバック一覧です: 小外掛:

« 石下大会(後編) | トップページ | 巴十字 »