« キャリオケ | トップページ | その後の居残り »

2007年9月 3日 (月)

アフリカこぼれ話

写真を沢山頂いたので、紹介しきれなかった話や画像を!

By_001 By_005
ドバイの空港はとても近代的で立派でした。
僕らはビジネスクラスだったので、ラウンジが利用でき、
ゆったりとしたソファに、飲食とネットが自由に使うことが出来、快適でした。
ただ黒ちゃん先生が『コレはすげー!こんなでっかいロレックスは初めて見た!』
と言うので記念撮影。これは広告であって、そんな高価なもんじゃないですよね・・・

タンザニアでは初日に記者会見をしました。
僕は頑張って、スワヒリ語で自己紹介をしたんですよ。
うなぎ犬君と黒ちゃん先生で、護身術を披露したら、驚いていました。

By_041
タンザニア大使公邸に招待されました。
アフリカとはとても思えない大理石の豪邸、そして料理。
凄かったです!写真は大使夫妻と。

By_044

大使館職員の梶本さん(前列右側)と、
協力隊OBで柔道コーチの溝内さん(右ツルツル)
お二人には本当にお世話になりました。
ちなみに、お二方とも僕と同級生でした。
良い雰囲気で、仕事をさせていただきました。

By_050  By_068
大した運動量でもないのに、凄い汗です。
3人掛けと乱取りをした後なんですが、こんな疲労感でした。
右の画像は疲れすぎて、軽くボケてます。

By_071  By_078
ザンジバル柔道連盟の島岡強 先生です。
どうですか、迫力あるでしょう?!
柔道指導とアフリカ独立革命に心血を注いでいる方です。

By_087  By_108
モザンビークでの初日。
立派な道場ですよね。目の前が海なんです。(右画像)
左の画像は小学生向けのクラブにて。
僕が単独でレッスンをしました。(下手な英語で・・・)

By_111  By_217
By_135  By_203
モザンビークの選手達に加え、今回は南アフリカの選手も合流してきました。
レベルが急に上がってしまったので、関節技を中心に指導しました。

By_138 By_139
モザンビークの大使館職員と、協力隊員と。
この地でも、多くの方にお世話になりました。
中央白いシャツの冨田さんも同級生。
神奈川県の高校で柔道をしていました。
どこかで対戦していたかも!?

By_158
ホテルの壁は鏡だったんです。
それに向かって写真を撮る、お茶目な黒ちゃん先生(笑)

By_240
モザンビークでのデモンストレーションは、フットサルコートに、
畳を敷いて行いました。
周りには観客と言うよりは、コートが空くのを待っている
サッカー少年が沢山いました。。。 

Photo_2 Photo_3
タンザニアでの休憩中、ちょっとホテルを離れて歩いていると、
やたらでかいヤツがウロウロしていました。
そいつはキリンで、誰かのペットとかではなく、のらキリンでした。
もう少し歩くと、のらシマウマもとぼとぼ歩いていました。

やはりアフリカは動物の宝庫です。

そうそう、モザンビークではこんな話を聞きました。
内戦直後、何もないモザンビークは各地から支援を受けたそうです。
それでも食べ物がない、近隣諸国だって裕福じゃない。

そんなときに、隣国からゾウを頂いたそうです。

しかしそこはアフリカ。ゾウなんて珍しくもありません。

食に困った当時の人は、ゾウを食べちゃったそうです。

ゾウを食料としたら、相当な量になりますよね。
しかしゾウって旨いのかなぁ。。。

|

« キャリオケ | トップページ | その後の居残り »

海外」カテゴリの記事

コメント

はじめ人間ギャートルズのマンモスの肉みたいなものですね。

投稿: たかの | 2007年9月 3日 (月) 09時06分

先輩!
ジェネレーションギャップです。
意味が分かりません…

投稿: 小室宏二 | 2007年9月 3日 (月) 09時48分

>5669先生
「ギャートルズ」を知らない???

それはいかんな!

筑波の先輩も出演しているというのに・・・

「ドテチン」(ゴリラ)として。

え?それは誰だって?

名前は言えないが、僕らの同級生で、現全日本女子の強化コーチで寝技師と言えば分かるかな?現役時代、O先輩(現筑波大監督)にそう呼ばれてたんだよ。

あのマンモーの肉は、子どもなら一度は食べてみたい肉だな。

投稿: まさひー | 2007年9月 5日 (水) 14時10分

>まさひー先輩
ネットで調べました。
主人公のイラストは見たことがあります。
漫画の件はよく分かりませんが、
先輩方の印象と、ドテチンのニュアンスはだいたい分かります(笑)

投稿: 小室宏二 | 2007年9月 5日 (水) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/16265628

この記事へのトラックバック一覧です: アフリカこぼれ話:

« キャリオケ | トップページ | その後の居残り »