« 講道館通信@10月号 | トップページ | 補習科を発展させて »

2007年9月28日 (金)

2007東京都高段者大会


久しぶりに自分の試合に出場しました。

六段になるためには、
試合に勝って点数を貯めないといけないのですが、
その為の試合です。

普段の教え子達が挑む試合とは、ちょっと趣が違います。

僕を除いては。 (僕だけノリが違います。。。)

僕は五段の部、第1試合でした。
相手は僕より少し大きかったかな。

奥襟を叩いてきたので、そのまま関節技で・・・

いえ、今回は試合を楽しみたいのです。
3分の試合、2分は立ち勝負にしようと決めていました。

内股、一本背負投、不発です。。。。
なんとなく身体が動いてしまい、巴投からの腕挫十字固、
立ち姿勢での腕挫腕固も不発。。。
なんだかモタついてしまっています。。。

1分過ぎ、相手の大外刈を、大外返で技あり。

なんだか自分のモタつきに我慢できず『もういっか!』という心境に。
あまり勿体ぶってはいけないと思い、 一気に絞めました。

最終結果としては回転しての送襟絞で一本勝ちです。
(片羽絞にも近いかな?腕ではなく、足を抱えるけど)

相手の背後から前転して、
鯖折りにするようにしてしめるヤツです。

極められると、ちょっと恥ずかしい上に、 猛烈に苦しい技です。

ま、そんなこんなで1勝、1点ゲットです。
トータル3.5点貯まりました。
あと6.5点必要です。

|

« 講道館通信@10月号 | トップページ | 補習科を発展させて »

動画」カテゴリの記事

コメント

すばらしい!

先生とは絶対当たりたくないなぁ…(笑)

投稿: 原田 | 2007年9月28日 (金) 15時44分

立ち姿勢からしめるなんてすごいです。

投稿: | 2007年9月28日 (金) 19時07分

見ました!流れるような絞めでした。む~ぎくしゃくしたロボットみたいな僕とは雲泥の差だぁ

投稿: おやっとさぁ | 2007年9月28日 (金) 23時38分

きちんと組んで姿勢を良くしていないとこういう目にあうという教科書のような映像ですね。

投稿: たかの | 2007年9月29日 (土) 08時06分

>原田
試合をする機会もそうないですよね~
あるとすれば親子の団体戦(前6人が小1~6,大将は親)
という大会がありましたよね、それくらいでしょうか?

>おやっとさぁ
寝技ではスムーズな動きが出来るのですが、
立ち姿勢だとイマイチなんですよね。

>たかの
そうですね、普通に組むのが一番やりにくいと思います。
ただ僕が狙うのはどんなときも一緒ですけど。

投稿: 小室宏二 | 2007年9月29日 (土) 15時33分

袖車絞の映像を見たら寝付けなくなり、枕で練習しちゃったよ・・・

投稿: たかの | 2007年10月 2日 (火) 08時18分

立ちからの寝技への移行が素晴らしいですね。
ところで、大外を掛けられた時に、自分で飛んで十字固をした場合、相手のポイントになるのでしょうか?

投稿: ヨシヒコージ | 2007年10月 2日 (火) 12時01分

>たかの
先輩、安くしときますよ~

>ヨシヒコージ
全くイメージが湧きませんが、それって投げられたことになるんじゃないですか?
自分の背中が全く着かなければ大丈夫なんでしょうけど。

投稿: 小室宏二 | 2007年10月 2日 (火) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/16597518

この記事へのトラックバック一覧です: 2007東京都高段者大会:

« 講道館通信@10月号 | トップページ | 補習科を発展させて »