« 選抜体重別 | トップページ | 勇気と努力のシロクマ君 »

2004年4月20日 (火)

納豆工場

今日の練習は、パーソナルトレーナーを招いてのウエイトトレーニング!

放課後になり道場に上がると、早速生徒がウォーミングアップを開始していました。
すると・・・

うっ!
道場に納豆の匂いが立ちこめているではありませんか!?
なんだ、昼の弁当で納豆持ち込んだ強者がいるのか?

そう生徒に尋ねてみると、犯人は新入生の中学生でした。

なんと彼、お風呂に入るのが嫌いで、
ここ3日間、風呂に入っていないと言います。

「ん〜と、昨日と、その前と、その前も・・・」・・・素晴らしい!

しかもしかも!
彼は靴下が嫌いなんだそうで、上履きも、革靴も、運動靴でさえも素足で履くんだそうです。

その靴達は、4月で新品同然にも関わらず、すでに死んでいました。

そんな話で笑っていましたが、
トレーニングが進むにつれて、シャレにならなくなってきました!

もうどうにも我慢できなくなり、まずは僕が「メンズビオレ・さらさらシート」で
足を拭いてあげました。

生徒「わぁ!このシート凄く臭い!」
小室「違うよ。このシートじゃなくて、君が足が臭いんだよ」
生徒「え〜ウソだ!臭くないですよ。クンクン」
小室「おぉぇ〜」

その後、メンズビオレは殆ど効果がなく、
バケツに水を汲んできて、ビオレ・ボディシャンプーを混ぜ、
足を洗わせました。

それでもなぜか、匂いはなかなかとれませんでした。

この『足に納豆を持つ漢』には、
毎日お風呂に入ること、靴下を履くことが厳命されました。

そして「靴下を履かせる係」は中学2年生になった「ゆうたん」が務めます。
...................................................................................................................

その昔、マイクロバスで遠征に向かっている途中、
車内が納豆地獄になったことがあります。

その犯人は僕の同級生でしたが、最後部に座っているにもかかわらず、
最前列に座っている先輩がマジギレするほどの異臭でした。
もちろん、彼の靴も死んでいました。

そんな彼も今では人を更正する施設に入っています。
収容されているのか、働いているのかは、ここでは言えません。
悪しからず・・・

柔道家イメージを失墜させる、珠玉のコラムでした。

|

« 選抜体重別 | トップページ | 勇気と努力のシロクマ君 »

足立学園」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26087/15825339

この記事へのトラックバック一覧です: 納豆工場:

« 選抜体重別 | トップページ | 勇気と努力のシロクマ君 »